310s熱間圧延ステンレス鋼板

簡単な説明:

310ステンレス鋼の炭素含有量は0.25%と比較的高く、310Sステンレス鋼の炭素含有量は0.08%と低く、他の化学成分は同じです。したがって、310ステンレス鋼の強度と硬度は高く、耐食性は劣ります。310Sステンレス鋼の耐食性は優れており、強度はわずかに低くなっています。310Sステンレス鋼は、炭素含有量が少ないために精錬が比較的困難であるため、価格が比較的高くなります。


製品の詳細

製品タグ

中国のステンレス鋼の容量  310sホット 圧延ステンレス鋼 プレート、310s HRP、PMP

厚さ: 1.2mm – 10mm

幅: 600mm – 3300mm、幅の狭い製品はストリップ製品をチェックインします

長さ: 500mm-12000mm

パレット重量: 1.0MT – 10MT

仕上げ: NO.1、1D、2D、#1、熱間圧延仕上げ、黒、焼きなましと酸洗い、ミル仕上げ

310 / 310s異なる規格の同じグレード

1.4841 S31000 SUS310S 1.4845 S31008 S31008S 06Cr25Ni200Cr25Ni20高温ステンレス鋼

S31008化学成分ASTMA240:

C:  0.08、Si:≤1.5  Mn:≤2.0、Cr: 16.0018.00、Ni:10.014.00、S: ≤0.03、 P: ≤0.045 Mo:2.0-3.0、N≤0.1

S31008機械的特性ASTMA240:

引張強さ:> 515 Mpa

降伏強度:> 205 Mpa

伸び(%):> 40%

硬度:<HRB95

違いは次のように要約されます。

1.化学組成は310です。炭素含有量は0.15%で、310S要件は0.08%です。さらに、彼はMO成分が0.75%以下であることも要求しています。

2.強度の観点から見た表面硬度。310は310Sより大きい

3. 310SはMOを追加するため、耐食性310Sは310よりも大きくなります。

4.同じ処理条件の高温抵抗310Sは310よりも優れています

熱間圧延ステンレス鋼と冷間圧延ステンレス鋼の間でさらにいくつかの違い

定義上、鋼塊やビレットは常温で変形しにくく、加工も困難です。一般的に、圧延のために1100〜1250°Cに加熱されます。この圧延プロセスは熱間圧延と呼ばれます。ほとんどの鋼は熱間圧延によって圧延されます。ただし、高温では表面が酸化鉄スケールになりやすいため、熱間圧延鋼の表面は粗く、サイズが大きく変動します。そのため、表面が滑らかで、サイズが正確で、機械的特性に優れた鋼が必要であり、熱間圧延された半製品または完成品が原材料として使用され、次に冷間されます。圧延法の製造。

常温での圧延は一般的に冷間圧延であると理解されています。金属組織学的観点から、冷間圧延と熱間圧延の限界は再結晶温度によって区別されるべきです。つまり、再結晶温度より低い圧延は冷間圧延であり、再結晶温度より高い圧延は熱間圧延である。鋼の再結晶温度は450〜600°Cです。

熱間圧延は、その名のとおり、圧延物の温度が高いため、変形抵抗が小さく、大きな変形が可能です。鋼板の圧延を例にとると、連続鋳造ブランクの厚さは一般に約230mmであり、粗圧延と仕上げ圧延後の最終的な厚さは1〜20mmです。同時に、鋼板の幅と厚さの比率が小さいため、寸法精度の要件が比較的低く、形状の問題が発生しにくく、凸面が主に制御されます。組織の要件については、一般に、制御された圧延と制御された冷却、つまり、ストリップの微細構造と機械的特性を制御するために、圧延温度、仕上げ圧延温度、および仕上げ圧延の圧着温度を制御することによって達成されます。

冷間圧延、一般的に圧延前の加熱プロセスはありません。ただし、ストリップの厚さが薄いため、プレートの形状が発生しやすくなります。また、冷間圧延後は完成品であるため、ストリップの寸法精度や表面品質を管理するために、複雑な工程を多く採用しています。冷間圧延の生産ラインは長く、設備も多く、工程も複雑です。ストリップの寸法精度、形状、表面品質に対するユーザーの要求が改善されるにつれて、制御モデル、L1およびL2システム、および冷間圧延機の形状制御手段は比較的高温になります。さらに、ロールとストリップの温度は、より重要な制御指標の1つです。

冷間圧延製品と熱間圧延製品シートは、前のプロセスと次のプロセスとは異なります。熱間圧延製品は冷間圧延製品の原料であり、冷間圧延熱間圧延鋼コイルは酸洗いプロセスによって機械加工されます。圧延機、圧延機は冷間成形され、主に厚肉の熱間圧延シートを3.0mmの熱間圧延機内圧延によって通常0.3〜0.7mmの薄いゲージの冷間圧延シートに圧延します。冷間圧延コイル、主な原理は、押し出し原理を使用して変形を強制することです


  • 前:
  • 次:

  • 関連製品